読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LITP

東京でIT関係の仕事をしている男のバイク日記

マグナ250にフューエルワンを投入して1ヶ月半、初めて効果を体感しました。

ども、バイクのメンテナンス(笑)に目覚め始めそうなK@ZUです。

皆さんはフューエルワンというガソリン添加剤をご存知でしょうか?

f:id:LITP:20170515004851j:plain

僕はこのブログを初めてからコメントで存在を知りました。

litp.hateblo.jp

この記事を書いた後に2りんかんに行ってフューエルワンを購入、使用していたんですが今日始めて明確に効果を体感したので記事にしておきたいと思います。

目次

はじめにフューエルワンという商品についておさらい

公式サイトの引用ですが、概要としてはこんな感じです。

ガソリン・ディーゼル兼用燃料添加剤。高性能清浄剤PEAの作用により、燃料に添加するだけで燃焼室・吸排気バルブ・インジェクターなどに堆積したカーボン・ワニス・ガム質などを除去し、新車時のエンジン性能を取り戻します。また燃料の酸化劣化や燃料タンクの腐食を抑制します。2~3回の連続使用が効果的です。

 

F-1 フューエルワン - 新製品・おすすめ製品 | WAKO'S - 株式会社和光ケミカル

要するに、ガソリンに混ぜると色々と良い事あるよって商品です。この手の商品は効果が分かりづらいのですが、このフューエルワンは明確に効果が現れると言うことで有名です。

 

1回目の使用 : 効果は現れている・・・のか?

購入直後に燃料タンクに投入し、その後高速で効果が現れるかどうかを確かめてみました。

フューエルワンは乗用車には1本丸ごと使用できるのですが、バイクは燃料タンクが小さく、全て入れてしまうとノッキングなどの弊害を起こしてしまうことから燃料の1%を超える添加は控えるよう公式からアナウンスされています。

マグナ250の燃料タンクは11Lのため、おおよそ100mlが適量となります。フューエルワン1本で300mlなので、1/3程度入れればちょうどいい感じですね。

ただ、この時は計量カップなどの気の利いた道具は持ち合わせて居なかったので、目分量・・・というかほぼ感覚で1/3を投入しました。おそらく実際に入った量は全体の1/4程度。

そのせいなのか明確な効果は実感できず、「効いている・・・のかもしれない」という、いわゆる効果があると思い込んでいたのだと思います。

 

2回目の使用 : 効果が実感できない

1回目の添加後はてなブログツーリングに参加し、1日で300km以上走った後にケアを目的に投入しました。

 

litp.hateblo.jp

 

この時の投入量もおそらく100mlは投入されていなかったと思います。どうして100ml入ってないか分かったかというと、この後に2回ほど投入できるくらいには内容量が残っていたからです。

この時は投入前と投入後で全く違いが分からなかったため、正直気休め程度にしか使えないものなんだろうな・・・という印象でした。自分で適量入れてないのにこの思い込みである。

 

3回目の使用 : よく分からないけどとりあえず入れときゃええんやろ?

この時にはもう完璧にフューエルワンを信用していません。とりあえず投入はしましたが量は微々たるものです。実際効果も体感できないし、「歯磨きと一緒で、将来起こるであろう故障の予防くらいにしかならんのでしょ」と考えていました。とりあえず入れておけば良いんでしょ、的な感じです。この先明確な変化が起きるとも知らず・・・。

 

4回目の使用 : え・・・、こんなに変わる?

3回目の投入からしばらく経ち何事もなくマグナに乗り続けていたのですが、GWの怒涛のソロツー中に「高速走行してる時のエンジンの振動が昔より大きくなってる気がする」と感じる事が多くなりました。「Vツインのエンジンが高回転で動いてればそりゃ振動も大きくなるだろうな」という解釈をしていたんですが、先週日曜日に洗車した時に残りのフューエルワン(約100ml)を全て投入し本日走った結果、明確に効果を体感することができました。

 

エンジンの始動が明らかに良くなった

今まではエンジンを始動させた後に暖気をしないとエンジンがグズついてしまっていたのが、暖気しなくてもそのまま走行可能な位まで始動性がアップしました。これに関しては気温が暖かくなってきたという事も関係してくるので一概にフューエルワンの恩恵とは言えないのですが、それでも明らかに良くなっています。

高回転域までの回転数の上がり方が滑らかになった

例えば2車線の道路で車を追い越す場合、車線変更をした上で速度を上げる訳ですが、この時のアクセルに対する反応が良くなりました。今までの加速はフッと一呼吸あってからトルクが出ていく感じでしたが、この一呼吸が無くなってトルクが増している気がします。これに関してはあくまでも気がする、程度ですが1回目に投入したときよりも良くなっていると思いました。

高回転時にあった不快感が無くなった

今回一番変わったと思ったのはこれです。ここからは少し語彙力が無くなりますのでご了承ください。

 

もうほんっとに、確実に良くなってます。僕が9ヶ月間マグナ250に乗り続けてきて、一番不快感無く乗れると感じた速度域は50〜70km/hでした。これ以上だとエンジンからハンドル、ステップを通じて伝わる振動が不快に感じ、これが「エンジンに無理をさせている」という不安感や恐怖感になってしまうからです。だから実際、高速道路での運転もあまり心地良いとは思いませんでした。

でも4度目の投入で、明らかに高回転域の振動が少なくなっていることが体感できました。具体的に言うなら、70km/h以上はあまり出したくないと思った僕が思わず80km/h出しそうになったくらいです。実際には80km/hまでは行きませんでしたが、東名高速であれば恐らく制限速度の100km/hまで余裕で出せたでしょう。それくらい、エンジンが無理なく回っている感覚がしたんです。

これはもう文章で表すのは無理があると思います。実際に跨ってハンドルを握り、アクセルを捻らないと分からないです、絶対に。

 

結論 : フューエルワンは効く(ただし条件付き)

長々と書き連ねてきましたが、フューエルワンは確実に効果があります。実際に使って体感したからこそ言い切れます。

ただし、自分のバイクの燃料に対して適切な量を添付してあげる事が絶対条件です。少なすぎては効果は実感できないし、多すぎたら逆にノッキングなどのデメリットがでてしまうので、計量カップで正しい量を正確に入れてあげる必要があると思いました。

 

このブログの読者の皆さんはフューエルワンの存在なんて当然知っているだろうし、今更何言ってんだこいつみたいな感想だと思いますが、検索などでこの記事にたどり着いたバイクに乗り始めたライダーの方の参考になれば幸いです。

特に、中古でバイクを買った人にはおすすめです。購入時に販売元に整備してもらっていても乗り始めてから「エンジンの回り方がひっかかっている」と感じる時が来るでしょう。そんな時にフューエルワンは想像以上の効果を発揮してくれますよ。

 

 

なんだか凄い宣伝っぽくなってしまった・・・ww